Viva!ピアノライフ

All About ピアノガイド北條聡子のブログ

剥がれる鍵盤!ヤマハのプライドはどこへ?

ヤマハの鍵盤が剥がれる!

先日、教室の生徒さんからショッキングな写真を見せられました。

f:id:aobapiano:20211127213826j:plain

去年買ったばかりのヤマハの中古ピアノ(2013年製)の鍵盤が、どんどん剥がれていくというのです!

f:id:aobapiano:20211127214035j:plain

ピアノを購入した楽器店に連絡すると、ある期間に製造されたヤマハのピアノに多発している問題で、原因は鍵盤に使われた接着剤であるということ。この問題がわかったのはもう数年前のことで、ヤマハも把握していて、剥がれた場合は申し出があれば無償で交換するということでした。

「無償で交換する」と聞くとホッとして終わってしまう話しのようでもありますが、果たしてそれでいいのでしょうか?

販売時に剥がれる可能性を知らせない理由とは?

まず、なぜ楽器店はピアノを販売したときに、鍵盤が剥がれる可能性があることをおしえてくれなかったのでしょうか?このピアノを購入した生徒さんが楽器店に抗議しました。

販売員の返事は、100%剥がれるわけではないので、ヤマハの方針として伝える必要はないというものなので言わなかったと。末端の特約店はトップのヤマハの意向に沿った営業をするしかないのだということでした。

同じ製造年のピアノでも、鍵盤が剥がれるものと剥がれないものがある。剥がれないかもしれないのだから、黙って売ってしまえという話しです。不良品である可能性があるのに、それを隠して売っているのです。

ヤマハへの信頼が揺らぐ

営業のときにネガな要素は極力おもてにしたくないのは理解できます。でも、万が一剥がれた時には無償交換をするということを知らせれば、必ずしも営業に不利になるとは限りません。

今回のケースのように、何も知らされずに購入し、突然どんどん鍵盤が剥がれだし、実はこの問題は以前からわかっていたと知らされたらどうでしょうか?ヤマハへの信頼感や企業イメージは一気に損なわれます。

ちなみに、ヤマハのホームページには製品の品質不具合を公表している「重要なお知らせ」というページがありますが、鍵盤が剥がれる問題については公表していません。

重要なお知らせ | ヤマハ株式会社

ヤマハは無償交換することを周知させるべき!

実はこの問題は楽器店はもちろん、調律師さんの間では周知されていることだそうです。でも、今まで私は聞いたことがありませんでしたし、そんなことが起こるとは想像したこともありませんでした。

なので、もし自分のピアノの鍵盤が買って数年経ってから剥がれ始めたら、きっと部屋が乾燥しすぎていたなど、自分の管理が悪くてピアノにダメージを与えた結果で剥がれたのだと思ってしまうでしょう。

そして、運悪くタチのよくない調律師や楽器店に修理を依頼してしまったら、修理代を請求され払ってしまう可能性だってあります。

車の部品に不具合の可能性があれば、たとえそれが数%の確率でも命に関わるのでリコール対象になるけれど、ピアノの鍵盤が剥がれても命を落とすことはないのでリコールどころか、その問題を公表しなくてもいいだろうというのは、ヤマハを信頼して楽器を購入した音楽愛好家を甚だしく裏切る行為ではないでしょうか?

ヤマハは、鍵盤が剥がれる可能性のある製造年のピアノと、剥がれた場合には無償交換することの周知に努めるべきです!

ヤマハの企業姿勢が問われる

ヤマハといえば日本が誇る一流楽器ブランド(だったハズ)。つい最近もショパンコンクールの舞台でSteinwayやFazioliと並び存在感を発揮していました。世界の舞台で輝かしい功績をあげるのも大切なことでしょうが、たとえ初心者であれ一般の音楽愛好家にも信頼して選ばれ、奏でる喜びをもたらすことが楽器メーカーの誇りだと思うのですが、ヤマハの楽器メーカーとしてのプライドはどこにあるのでしょうか?

決して安い買い物ではない、大切にしていた自分のピアノの鍵盤がどんどん剥がれていくなんて、どれだけ衝撃的なことだかわからないのでしょうか?

問題が生じてしまったのなら、徹底的にフォローする姿勢を示すことでしかブランドへの信頼感は回復できないと思うのですが。

ヤマハの中古ピアノ購入を検討されている方へ

これからヤマハの中古ピアノを買おうと検討されているかたは、そのピアノが鍵盤が剥がれる問題が生じている製造年代に該当しているか必ず確認してください。そして該当している場合は、たとえその時点で剥がれていなくても、鍵盤を交換してもらってから購入することをおすすめします

鍵盤は剥がれ始めると、次々と剥がれていくようです。鍵盤が剥がれてしまうと、交換の手配から実際に交換が終わるまでの期間、いつものような練習はできません。

私の生徒さんの場合は、教室のコンサート直前だったので一番練習したいときに思うように練習ができませんでした。

車の欠陥と違って命に関わるような重要な問題ではないといえ、大切なコンサートや入学試験、オーディションなどの前に鍵盤が剥がれ始め弾けなくなってしまったら、その人にとっては一大事にだってなり得るのです。

ピアノは安い買い物ではありません!後悔のないようしっかりと品質を確かめたうえで、納得いく買い物をするようにしてください。

~後日談~

楽器店にクレームを入れてから約3週間経ち、生徒さんのピアノはようやく鍵盤が交換されました。

f:id:aobapiano:20211209213845j:plain

すべての鍵盤を取り外して一本ずつ取り付けていく作業で約4時間かかったとのこと。

f:id:aobapiano:20211209214000j:plain

これだけの大掛かりの作業をしたら、当然調律が必要だと思いますが、調律師さんは「交換しただけでは音は狂わない。無償の鍵盤交換に調律は含まれない。」という理由でそのまま帰ろうとしたということ。

びっくりした生徒さんは「それはおかしいだろう。」と交渉して、結局簡単に調整はしてもらったそうですが、う~~ん、やはりヤマハは素人の音楽愛好家をバカにしているとしか思えません!鍵盤が剥がれて多大な迷惑をかけたのだから、慰謝料代わりに「鍵盤交換&調律」のセットサービスぐらい当然だと思いますが?

プロのピアニストのコンサートでは、休憩時にも調整が入るぐらい響きは微妙なものです。いくら素人相手でも、これだけピアノをいじって調律は必要ない、音は狂わないと言われて納得できるでしょうか。

ヤマハさん、もう少し音楽に誠実に、そしてヤマハを信頼して楽器を購入したお客さんを大切にしましょうよ。

 

ピアノで奏でる「絆」

今日は「KIZUNA PIANO」というプロジェクトをご紹介します。

KIZUNA PIANO プロジェクトとは

異なる文化や価値観、極端な愛国心による「分断」の風が吹くなか、突然世界を襲ったコロナの猛威。このような時だからこそ、言葉や人種の壁を越え、音楽を起点とした「絆のリレー」をスタートさせたいという思いから、作曲家 岩代太郎さんが立ち上げたプロジェクトです。

10名の作曲家がリレー形式で作曲

岩代太郎さん他、坂本龍一小曽根真、萩野清子、榊原大塩谷哲渋谷慶一郎、狭間美帆、藤倉大村松崇継 (敬称略) の9名の作曲家が「KIZUNA PIANO」というタイトルのピアノ曲をリレー形式で作曲しました。

楽譜の収益金の一部はNGO国境なき医師団」に寄付されます。

www.kizunapiano.com

 「KIZUNA PIANO」を弾いてみて

プロジェクトのサイトで、ピアニスト三舩優子さんによる模範演奏を聞くことができますが、実際に私も弾いてみました。

譜面は、最初の3ページぐらいは初心者レベルですし、全体的にみても中級レベルで決して複雑ではありませんが、「聞かせる演奏」として自然な流れに仕上げるにはちょっと難しいと感じました。

10ページの長さの曲なので、想像するに1人1ページという分担で作曲したのではと思うのですが、どの部分を誰がつくったかは開示しておらず、それも含めて想像しながら弾いたり聴いたりして楽しんで欲しいということ。

前半の5ページは、リレー作曲したことを感じさせないほど自然な流れなのに対し、後半は荒波にのまれるがごとく目まぐるしくリズムパターンも曲調も変わるので、それを説得力のある表現でつなげて最後の一音までもっていくのが、譜面の印象以上に難易度が高いと感じました。

リレー作曲の面白さ

リレー作曲したことがわからない、自然な流れで仕上げられている前半がいいのか、個性がハッキリ主張され変化に富んだ後半のほうがいいのか?

あえてリレー形式で作曲した作品としては、演奏者にはチャレンジではあるけれど、個々の作曲家の個性が際立つ後半のほうが面白いのかもしれません。

皆さんはどのように感じるでしょうか?是非聴いて、そして弾いてみてください。

 

選曲のヒント

「次は何の曲を弾こうかな?」と、いろいろな曲を聞いたり迷ったりしている時間って、なんだかわくわくしませんか?

でも、自分で決めるとどうしても好みのタイプ・作曲家の曲に偏ってしまいがち。

それも悪くはないけれど、食わず嫌いと同じで、「弾かず嫌い」「聞かず嫌い」ということも結構あるものです。あまり好きでない曲でも、自分で弾いてみると意外にハマったり、聞いてるだけではわからなかった曲の魅力を見出したりすることもあります。

そこで、曲を選ぶ際に参考にして欲しいポイントをまとめてみました。

選曲の際の5つのポイント

  1. 聞いて選ぶのではなく必ず楽譜を見る
  2. 譜面が難しそうというだけであきらめない
  3. 知らない作曲家や曲をたくさん聞いてみる
  4. テーマを決めて選ぶ範囲を絞り込む
  5. テンポの速い曲をあきらめない

f:id:aobapiano:20211004225335j:plain

それでは、ひとつずつ簡単に説明しましょう。

1.必ず楽譜を見てみる

聞いただけで「難しそう」とあきらめないで必ず楽譜を見てみること。難しそうに聞こえても、譜面を見たら思ったよりずっとシンプルで弾きやすかった、ということがよくあります。

2.譜面が難しそうに見えてもあきらめない

譜面を見て、例えば「オクターブが多いから無理。」「トリルが出てくるから大変そう。」など、自分の苦手な音型が出てくると尻込みしたくなりますが、それで弾きたい曲をあきらめてしまうのは勿体ないです。まずはトライしてみること!それでどうしても弾けないようなら、オクターブは上(または下)の音だけ、トリルは単音で、など弾きやすいように工夫してみましょう。

3.知らない作曲家や曲をたくさん聞いてみる

いろいろな作曲家のいろいろな曲を貪欲に聞いてみましょう!有名でない作品の中にも魅力的な曲はたくさんありますし、いろいろなタイプの曲を聞くことで、自分の好みもはっきりしてきて、感性にピンっと響く曲に巡り合うはずです。

4.テーマを決めるのも一つの方法

世の中には数えきれないほどの作曲家や作品があふれていて、目移りしてしまって決められない!と行き詰ったら、テーマを決めて範囲を絞り込むのもひとつの方法です。

私の生徒さんに「今年は○○を弾く年」というように、一年単位でひとりの作曲家をピックアップし、その作曲家の作品だけ集中して取り組むという方法でレパートリーを増やしているかたがいらっしゃいます。

そうすることで、じっくり時間をかけてその作曲家特有の音楽表現をマスターしたり、知識を深めたりすることができるのでとても良いアイデアだと思います。

5.テンポの速い曲をあきらめない

プロが弾いた演奏を聴いて「あんなに速く弾けないからこの曲は無理。」とあきらめてしまうこと、ありませんか?速くて自分には弾けないと思っても、好きな曲であればとにかくチャレンジしてみて欲しいと思います。

曲を仕上げていくうえで、その曲にふさわしいテンポで弾くことはもちろん大切ですが、それが”すべて”ではありません!

たとえば、軽快なテンポで有名なショパンの「子犬のワルツ」。プロのように速く弾けなくても、音量やタッチを工夫することで、エレガントで軽やかなワルツに仕上げることができます。

どんなにテンポの速い曲でも、作曲家がその曲で表現したかったことは「どれだけ速く指を動かせるか」ではないはず。そう考えると、テンポだけであきらめてしまうのは勿体ないですね。

 

 

一日一曲、365日分の楽しみ

「Withコロナ」の生活も一年となりました。家にいる時間が増え、今までやっていなかった新しいことを始めたという話しをよく耳にします。

私も最近始めたことがあり、思っていた以上に楽しいので、こちらでご紹介してみようと思いました。

一日一曲、日めくり感覚で楽しむ音楽

きっかけは、楽器屋さんで目にしたヤマハから出版されている「1日1曲、365日のクラシック」(近藤憲一/著)というこちらの本。

f:id:aobapiano:20210201215255j:plain

 タイトルどおり、1月1日から12月31日まで365日分、バッハから最近の日本人作曲家まで幅広い時代の、ピアノ、オペラ、交響曲などあらゆるジャンルの作品を、1日1曲紹介してくれている本です。日めくりカレンダーのような構成になっているので、その日のページを読んで、YouTubeでその曲を聞くというのが私の日課となりました。

毎日、縁のある音楽との出会い

毎日続けられるポイントは、紹介文が1分もあれば読めてしまうぐらいコンパクトにまとめられていること。そして、選曲が適当に365曲ピックアップされているわけではなく、作曲家や演奏家の誕生日であったり、命日、初演された日など、しっかり関連づけられているということで興味を引かれ毎日楽しく続けられます。

「〇〇年前の今日、初演された曲」とか「〇〇前の今日、この曲の作曲家が亡くなった」という情報と結びつくと、知識として記憶に残りやすいですし、何より曲を聞いた時の感じかたが変わります。

知らないことを知る楽しみ

中にはもちろん知っている曲もたくさんありますが、紹介文に書かれている内容のひとつやふたつは”初耳”ということが必ずあるものです。

また、自分からあえて聞こうと思わないタイプの曲でも、日課なのでとりあえず紹介文読んで聞いてみると、不思議と今まで気づかなかった曲の魅力を感じたり。

一番楽しい日は、まったく知らない作曲家、作品が紹介されている日。知らないことを知っていくのは本当に楽しいものです!

本日(2月9日)の1曲は?

ちなみに、今日の一曲はヴェルディが作曲した最後の歌劇「ファルスタッフ」より”この世はすべて道化の世の中さ”です。128年前の今日、このオペラがミラノのスカラ座で初演されたそうです。

f:id:aobapiano:20210208111159j:plain

 一年経ってこの本を読み終わったときに、365曲分のプチ知識が記憶に残っているといいのですが……。ご興味があったら是非みなさんも!

演奏が変わる!鍵盤からの指の離し方

ピアノを教え始めて30年以上経ちますが、いまだに「こういう時はこのように注意してあげると効果がでる!」とか「こういう表現で説明すると伝わりやすい!」といった気づきや発見があります。

弾けないで苦労していた生徒さんが、私のひとことでスッと弾けるようになったり、表現がしっくりきて喜んで下さると、心の中で密かに「今のは最高にいいアドバイスだった!」と自画自賛して嬉しくなります。

最近、私が一番効果を実感したアドバイスは「鍵盤をどのように弾くかではなく、鍵盤からどのように指を離すか(上げるか)意識する」ということです。

f:id:aobapiano:20190812234232j:plain

無難にミスなく弾いているけれど、あまり表現にこだわらず、楽譜を追っているだけのように聞こえた生徒さんのレッスン中に出てきたアドバイスでした。

「音を出したあと、どうやって指を上げているか気をつけてみてください。」と言うと、途端に指の動きが重くなり「今まで打鍵については注意していたけれど、離し方なんて考えたこともなかった。」と最初は弾きにくそうにしていましたが、しばらくして慣れてくると「音を丁寧に聞くようになった。」と感激して、明らかに演奏も変わってきました。

それから何人もの生徒さんに同じアドバイスをしていますが、効果は絶大です!

指の離し方を意識すると、自ずと次の指運びも今まで以上に意識するようになるので、結果としてすべての音に意識がいくようになり、音量や音色のコントロールに敏感になり丁寧な演奏になります

 

レガートを上手に弾く

 特にレガートを弾く時などは、打鍵と同じぐらい、弾いた後の指の離し方を意識するとなめらかさが格段に良くなります。

レガートが上手にできないときは、次の音を弾いたのと同時に前の指が勢いよく鍵盤から離れている、または少しだけタイミングが速すぎることが原因の場合が多いです。鍵盤から指を離す(上げる)タイミングを少し遅らせるだけで、音のつながりが良くなりレガートらしさがでてきます


休符は音符以上に大切な役割を果たすことも

休符があるときも、その直前の音の指の離し方をしっかり意識してみてください。意外に「なんとなく」指を上げているものです。どのように音を切るかによって、休符の聞こえ方が変わってきます。音楽の中の休符(無音)は、鳴っている音以上に大切な役割を果たすこともあります。

 
練習するときのヒントに役立てていただければ嬉しいです。

ピアノ脱力法いろいろ

■ たかが脱力、されど脱力

「肩を上げないで!」「手首をやわらかく!」など、ピアノのレッスンを受けたことがある人は、誰でも一度は脱力の注意をされたことがあるのではないでしょうか?

楽譜に書かれた音符を見ながら弾く事に夢中になっていると、いつの間にか体に力が入り、気がつけば呼吸も浅くなっていたりします。そのような状態では、かたくて表情の乏しい音になってしまい演奏にプラスにならないばかりか、弾きにくくて体に負担をかけることにもなってしまいます。

日常生活のなかで私たちは、特に意識して力を入れたり抜いたりしながら体を動かしているわけではないので、いざそれを意識して動かそうとすると、自分の体が自分のものでないと感じるほどに言うことをきいてくれなかったりします。

でも、美しい音でピアノを弾きたい、なめらかな演奏をしたい、難しいパッセージを弾きこなしたい……と思うのであれば、少しずつでも努力して自分の体をコントロールして、上手に脱力することを学んでいかなければなりません。

ピアノ演奏における脱力や体の使いかたに関する本はいろいろと出版されていますが、今日はその中から、私がレッスンをする際の参考にしている本をご紹介します。

まずはこちら。

f:id:aobapiano:20190321165759j:plain

 この本、ぱっと開くと医学書みたいなイラストがたくさん載っています。

f:id:aobapiano:20190602184003j:plain

 具体的に、体のどの部分の筋肉が緊張し、そこの緊張をゆるめるためにどうすればいいのかなど詳しく解説されているので、しっかりと理論的に体の使い方を学びたいタイプの人に役に立ちます。

もう少し実践的でわかりやすい本でおすすめなのは、こちら。その名も「ピアノ骨体操」!

音が変わる! 演奏がラクになる! ピアノ骨体操

音が変わる! 演奏がラクになる! ピアノ骨体操

 

「筋肉を無理に使わず、骨をたたむ」という日本古来の所作や古武術に由来した動きを習得することにより、疲れにくく感覚に優れた身体を作り上がるナンバ術というものを、ピアノ演奏に応用した桐朋学園秘伝のメソッドだそうです。

目次には「12の骨体操」「7つのムーブメント」など、一見ただの体をほぐす体操のガイドブックのような見出しが並んでいますが、ピアノを弾くという動作に関連するさまざまな体の部位を意識した体操が紹介されていて、改めて、ピアノを弾くのは指先だけの動作ではないことを認識させられます。

出版社のサイトでは、立ち読みもできるので興味があればのぞいてみてください。

音が変わる! 演奏がラクになる! ピアノ骨体操 - 音楽之友社

 

ピアノ演奏における脱力に関する本は、他にこのようなものがあります。

ピアノ脱力奏法ガイドブック 1 <理論と練習方法>

ピアノ脱力奏法ガイドブック 1 <理論と練習方法>

 
実力が120%発揮できる!  ピアノがうまくなるからだ作りワークブック

実力が120%発揮できる! ピアノがうまくなるからだ作りワークブック

 
原田敦子 ピアノ基礎テクニック ピアノテクニック12か月 ~脱力のタッチのために~

原田敦子 ピアノ基礎テクニック ピアノテクニック12か月 ~脱力のタッチのために~

 

 ■ 一冊に頼らず何冊も読んでみる

いずれにしても、脱力のようなことは本を読んだからといってすぐに習得できるものではありませんし、書かれていることすべてが読んでいる人にマッチするとは限りません

私自身、読んでいて「そうそう、そのとおり!」と思う説明もあれば、同じ本のなかでも、説明された動き方では逆に弾きづらく、説明と逆の向きの動きをしたほうが心地よく弾けるといったこともありました。本に書かれていることはヒントになりますが絶対的なものではありません

一人一人、体の大きさや筋力、動きの特徴など違うので、一冊だけに頼って書かれていることを忠実に学ぼうとするのではなく、何冊か読みあわせいろいろと試してみるべきです。そうしているうちに、どの説明が理解しやすく、自分の体に合いそうかわかってきます。根気よく続けることで、徐々に自分の体の動きがコントロールできるようになり、やがてそれが心地よく演奏するための脱力につながっていきます。

■ 脱力できているかどうかは響きで判断する

的確に脱力ができているのかどうかは、疲れないか、手首や腕、肩に痛みが出ないかである程度判断できますが、たまに、明らかに脱力ができていないでガチガチの体のまま弾いているのに「疲れない」「どこも痛くならない」という人がいます。でも、たいていそのような人の奏でる音は美しくはありません。3分聞いていたら、頭が痛くなるような音なのです。

しっかり脱力できている人の演奏する音は、伸びがよく美しい響きをもっています。なので、自分の奏でる音に耳を澄まし美しい響きを作る意識を高めることも、脱力をマスターすることへつながる大切なポイントです。

心あたたまるイギリス音楽コンサートのご案内

イギリスの作曲家で真っ先に頭に浮かぶのは誰でしょうか?たいていの人は「威風堂々」や「愛の挨拶」を作ったエルガーではないでしょうか。でも、他にもこ~~~んなにいろいろと素敵な曲があるんですよ!と、イギリス音楽をこよなく愛する友人が企画した<英国音楽シリーズ>コンサートのご案内です。

<英国音楽シリーズ 第5弾>
愛の挨拶 ~Salut d'amour~

西原生由理(ヴァイオリン)
中内真理(オーボエ
飯田裕之(バリトン
内田朋子(ピアノ)

2019年3月22日(金)
場所:めぐろパーシモンホール 小ホール
18:30/開場、19:00/開演
一般:3,500円、ペア券:6,000円
チケット:ASAアーティストサポート協会(Tel&Fax/048-628-2419)

5回目となる今回は、待ち遠しい春の訪れを感じられる軽いサロン風の音楽を集めたプログラムとのことで、メルヘン系の「孔雀のパイ」(ハウエルズ作曲)や涙腺の潤みそうな「エレジー」(フィンジ作曲)など、ふだんあまり耳にしないけれど、是非一度は聞いて欲しいというお勧めの曲が並んでいます。

ヴァイオリン、オーボエバリトン、ピアノというユニークな組み合わせのアンサンブルなうえに、プログラムには私も聞いたことがない曲が多く入っているのでとても楽しみです!皆さまもご興味があったら是非いらしてみてください。

f:id:aobapiano:20190223173707j:plain

f:id:aobapiano:20190223173814j:plain