Viva!ピアノライフ

All About ピアノガイド北條聡子のブログ

音楽は言語みたいなもの

先日、マエストロ・プロフォンドの『すてきにピアノ』(全5巻)の第3巻「完璧な練習法」をご紹介しましたが、このようなノウハウ本はレッスンの参考になるので、私も日頃からできるだけ目を通すようにしています。特に良いと思った本は、こちらや教室のブログでもご紹介していますが、先日紹介した「完璧な練習法」を早速購入して読まれた生徒さんがいて、明らかに前回より上手になっていて感激しました。なんでも「読んだら胸に刺さる言葉がたくさんあった。これはいけない!と思って今までの練習の方法を改めた。」とのことでした。

実際にこの本の効果を確認できたこともあり、第1巻「ペダリング」と第2巻「豊かなタッチ」も読んでみることにしました。

f:id:aobapiano:20160612212401j:plain

マンガだと子供向けという印象が強いですが、イラストのおかげで言葉だけでは理解しづらい内容もわかりやすく、大人が読んでも役に立つ知識が盛り込まれています。

たとえばペダルについて、初級レベルでは「踏む」「上げる」の単純な動作をマスターすればOKだとしても、曲の難易度が上がりそれに見合った表現が求められるようになると、踏む深さやタイミングにも違いをつけることが必要になってきます。これは、文章だけではなかなかイメージしづらいのでイラストは大きな助けになります。

また第2巻「豊かなタッチ」では、音に対してのイメージの作り方や、音色(ニュアンス)の違いとその打鍵の仕方などが説明されています。楽譜に書かれている音を正しく弾くことはもちろん大切ですが、音に表情をつけなければ本当の意味での「音楽」にはなりません。

レッスン中に「もっとメロディーを歌って!」と言うことがよくあるのですが、「歌っているつもりだけれど……」または「どうすればいいのかわからない。」と言われることが結構あります。そのような時、私はよく朗読やお芝居のセリフを例に挙げて説明しますが、同じような内容を噛み砕いてとてもわかりやすく説明してある箇所があったのでご紹介しておきましょう。

言葉を表すときの声の使い方やジェスチャーは、音楽を表すときの扱い方や組み立て方に似ています。
声の高さ、音量を上げたり下げたり……
言葉を切ったりくっつけたり……
呼吸を早くとったり深くゆっくりとったり……

ある意味や音節を強調したり……

こうやって自分の意志を表現することができますね。

音楽も言語と同様に、どのように歌うかで意味が違ってきます。
たとえば「ぼくはあなたを愛してる」という文章。

「ぼくは あなたを 愛してる
ぼくは あなたを愛してる」
「ぼくは あなたを愛してる」
ぼくは あなたを愛してる?」
「ぼくは あなたを愛してる???
「ぼくは あなたを愛してる???」
ぼくは あなたを愛してる
「ぼくはぁー あなたをぉー 愛してるぅー」
ぼくはー あなたをー 愛してる!!!

 このように文字で書かれたものを見ると、強調する箇所が変わると文章のニュアンスが微妙に変化するのが一目瞭然!メロディーも、どの部分を強調して聞かせたいのか、音量だけでなく抑揚や音色、イントネーションの組み合わせ次第で印象が変わります。

自分ではやっているつもりでも、案外「ぼくはあなたをあいしてる」と一本調子に聞こえているもの。ちょっと大袈裟すぎるかな?と思うぐらいで、ようやく他人に伝わると思って間違いありません。

そもそも「どこを強調すればいいのかわからない。」という場合は、鼻歌でもいいのでメロディーを歌ってみてください。自然に盛り上げたくなる箇所がわかりますよ。

梅雨時のピアノメンテナンス

今日は梅雨らしく、朝からシトシトよく降った一日でした。これから梅雨明けまでの約一ヶ月はピアノにとっても憂鬱な季節です。

電子ピアノの場合は心配ありませんが、パーツの大部分が木で作られているアコースティックピアノにとって湿気は大敵!私も過去に何回か、梅雨時に鍵盤が下がったまま戻らなくなったり、おかしな響きになり調律師さんに助けを求めた経験があります。

ピアノにとって最適な湿度は55%!梅雨時の湿気によるトラブルを防ぐには、ピアノのそばに湿度計を置き、小まめにチェックしてなるべく55%に近い状態を維持するように心がけることが大切です。

f:id:aobapiano:20160613211555j:plain

台所や風呂場がピアノの置いてある場所に近いなど、住環境によって湿度のコントロールが難しい場合もあると思いますが、外出から戻って濡れた洋服で部屋に入らないというような小さな心遣いひとつでも違いは出るのだとか。

ふだん何気なくやっている行動が、実は部屋の湿度をアップさせていたというようなことがあるかもしれません。この時期、ピアノを取り巻く環境について改めて見直してみるのもいいかもしれませんね。

梅雨時のピアノメンテナンスについて、All Aboutに記事をアップしてありますので参考にしてみてください。

allabout.co.jp

 

試してみる?「完璧な練習法」

一生懸命練習してレッスンに行ったのに、先生の前で弾くと思ったように弾けず「家ではもう少し上手に弾けたのですが……」と言った経験のある人はたくさんいるはず。私もその一人です!

先日、ピアノ教室を開いている友人が、「家では上手に弾けていたのに」と言うのが口癖だった生徒さんが、教室に置いてあった”ある本”を読んでから一切それを言わなくなった。それだけでなく、以前より間違えずに上手に弾けるようになった、と話してくれました。

そんなスゴイ本って何?訊かないわけにはいきません!

意外なことに、それは難しい専門書などではなくマンガでした。マエストロ・プロフォンドの『すてきにピアノ』(全5巻)の第3巻「完璧な練習法」です。

早速ネットで検索、注文しようと試みましたがどこのサイトも「在庫切れ」で手に入らず。仕方なくAmazonにリクエストを出しておいたところ、先日再版されてようやく送られてきました。

f:id:aobapiano:20160518222623j:plain

たった45ページしかない薄いマンガ本ですが、中身は濃くずっしりと心に響く言葉が満載です。

脳研究者曰く、「意識してあることを最低7回繰り返すと記憶として脳に刻まれる」。このことから、新しい曲に取り組み始めた最初の段階から、極力間違わないで弾くことを心がけた練習をしなくてはいけないという考えをベースに、そのノウハウが詳しく紹介されています。

以下の部分を読むと、誰でもギクッとするのではないでしょうか?

多くの人が、練習するということは、次から次へと出てくる間違いを、出てくるたびに直しながら何回も弾くことだと思っているようだけれど、はじめの日は100コしか間違えなかった。次の日は99コ。その次の日は98コになった……など 間違えを減らそうとしながら本当によく学んでいます。が、その間違いも含めて学んでいませんか?

練習している時に間違えて弾いた音は、修正したつもり、忘れたつもりでも記憶のどこかに残っていて、レッスンや発表会で緊張した時に突如現れるというのです。だから、譜読みの段階から間違わないで弾くようにすることが大切ということ。

でも、最初から間違わないで弾くなんてことは本当に可能なのでしょうか?

正直なところ、「どんな曲でも」というとそれは無理だと思います。でも例えば、実際にピアノに向かう前に楽譜だけをじっくり見て、すぐに判読できない音は名前を書いておくとかリズムを確認しておく。また、最初から1ページ弾いてみようとせずに数小節だけの小さなセクションに分けて、片手ずつゆっくり弾いてみるなどすることで、間違えて弾く音の数は激減するはずです。

「譜読みの段階では間違って当たり前!」という考えを改め練習方法を見直すことで、将来ミスを犯す確率が少しでも減るのであれば、マエストロ・プロフォンドの練習法を試してみる価値があるのではないでしょうか?

すてきにピアノ 第3巻

すてきにピアノ 第3巻

 

 

その差って何?100万と1000万円のピアノ

All Aboutに新しい記事をアップしました。一番安いベーシックなグランドピアノと、1000万円を超える上級モデルのグランドピアノの違いはどこにあるのか?ヤマハ銀座店での取材に基づいて書いた記事です。

実際にその2台のピアノを弾き比べた動画も入っていますので、違いがわかるか?わからないか?……是非聴き比べてみてください。

allabout.co.jp

ショパンが聴いたショパンの響き

先日、久しぶりにCDを購入しました。日本を代表する人気ピアニストの一人、仲道郁代さんが先月リリースしたショパン「ワルツ集」です。

f:id:aobapiano:20160326110512j:plain

続きを読む

「音楽の科学」への期待

「音楽の科学」で東大へ 高3ピアニスト 工学部に推薦合格』
これは昨日(3月18日)、読売新聞の地域版(神奈川)に載った記事のタイトル。「音楽の科学」という見慣れない言葉に興味を引かれて記事を読んでみました。最初に私が想像したのは、音が伝わるしくみや周波数云々といった理論尽くしで数字のデータとにらめっこするような内容。でもこの記事で紹介されている「音楽の科学」は、実際に演奏することと深く関わりをもち、将来、ピアノを弾くすべての人に大きな利益をもたらす可能性を秘めた期待すべき内容でした。

続きを読む

「さよならドビュッシー」を読む、観る

本屋さんで目にするたびに気になっていた「さよならドビュッシー」というタイトルの文庫本。「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した中山七里さんの作品です。

続きを読む